スポンサーリンク

ほぼいくらの原材料と値段は?通販もあるのかを調査

ほぼいくら原材料値段販売店 くらし
スポンサーリンク

テレビ番組でも紹介されるほどの人気であるカネテツデリカフーズ「ほぼシリーズ」から、2021年2月25日発売の「ほぼいくら」が出ました。

今回は、ほぼいくらの原材料や成分について調査してみました。あわせて値段と通販もあるのかも調べましたので、ほぼいくらを購入するときは参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

ほぼいくらの原材料や成分は何を使っているの?

ほぼいくらのパッケージを見てもまるで本物のような感じですが、気になるのはほぼいくらの原材料や成分に何を使っているのか?というところではないでしょうか。

ほぼいくらの原材料や成分を調べてみると、ほぼいくらは本当に魚卵をいっさい使っていないのに、本物のいくらのような再現ができていることに驚きました。

いくらと言えばあのプチっとした食感ですよね。プチッとした弾ける食感をほぼいくらで再現するのには、おそらく原材料のゼラチンではないかと。

また、いくらの味にするのにはほぼいくらの原材料や成分である、サーモンオイルと鮭エキスでしょうね。それと、いくらは醤油漬けですので、ほぼいくらの材料には醤油は欠かせません。

ほぼいくらなら魚卵アレルギーがある子供でも安心して食べられます。ほぼいくらを使い、ひな祭りや節句、お祝いなどで作るちらし寿司を作ってみてはいかがでしょうか。

ほぼいくらの原材料や成分は何を使っているかは、以下でご確認ください。

  • 植物油脂(国内製造)、デキストリン、サーモンオイル、食塩
  • 醤油、みりん、食塩、鮭エキス、ゼラチン/増粘剤(増粘多糖類、アルギ酸ナトリウム)
  • 塩化カリウム、調味料(アミノ酸等)、酢酸ナトリウム、酸化防止剤(VE)
  • グリシン、着色料(カロチロイド、紅麹、乳化剤(一部に小麦・さけ・大豆・ゼラチンを含む)

ほぼいくらの値段と通販サイトを調査!

ほぼいくらの値段を調査したところ、一袋50g入りで480円(税込)で販売していることがわかりました。

ほぼいくらの通販はというとカネテツフーズ公式サイトのほか、楽天市場でも販売しています。

どの店舗でもほぼいくらの値段は変わらず、480円(税込)です。

個人的に、これだけクオリティーが良いなら、ほぼいくらの値段は高いのでは?と思っていましたが、予想よりも安く手が届きやすい値段だと安心しました^^

また、通販で購入できるのもいいですね。カネテツデリカフーズオンラインショップでは、ほぼいくらが入ったひな祭りセットが3000円で予約販売受付中です。

売り切れになっているのもあったので、ほぼいくらが入ったひな祭りセットが欲しい方はお早めにどうぞ!

ほぼいくらのTwitterでの反応は?

ほぼいくらについてTwitterでの反応を調査してみたところ、ほぼいくらにたいしてすでに480もつぶやかれていました!

まだ発売前なのに、これだけほぼいくらが注目を集めている理由は、これまでの「ほぼシリーズ」の味も大好評だったということなんだと思います^^

今からほぼいくらの発売日が楽しみになってきましたね♪

ほぼいくらの原材料や成分と値段、通販はあるのかのまとめ

ほぼいくらの原材料や成分と値段、通販はあるのかをまとめました。

ひまり
ひまり

ほぼいくらの原材料や成分です。

植物油脂(国内製造)、デキストリン、サーモンオイル、食塩醤油、みりん、食塩、鮭エキス、ゼラチン/増粘剤(増粘多糖類、アルギ酸ナトリウム)塩化カリウム、調味料(アミノ酸等)、酢酸ナトリウム、酸化防止剤(VE)グリシン、着色料(カロチロイド、紅麹、乳化剤(一部に小麦・さけ・大豆・ゼラチンを含む)

ひまり
ひまり

ほぼいくらの値段と通販サイトです。

・一袋50g入480円(税込)

・カネテツ公式オンラインショップと楽天市場で販売

ほぼいくらがどこで売っているかを知りたい方は、こちらをクリック!

コメント

タイトルとURLをコピーしました