スポンサーリンク

KO8548JPとKO7201JPの違いを比較!ティファール電気ケトルの違いはどこ?

KO8548JPとKO7208JPの違いを比較 くらし
スポンサーリンク

ティファール電気ケトルの新モデルが出たので比較してみました。

KO8548JPが新モデルでとKO7201JPが旧モデルですが、違いはどこなのか気になりますね。

KO8548JPとKO7201JPを比較してみたところ、違いは3つでした。

  • KO8548JPは電源プレートがなくなりコンパクトになった
  • KO8548JPの温度設定は5段階になった
  • KO8548JPの方が沸かせるお湯の量が多くなった

旧モデルのKO7201JPも人気でしたが、新モデルKO8548JPは、より使いやすいようにパワーアップした商品ということのようですね^^

新モデルKO8548JPと旧モデルKO7201JPの違いを本文で詳しくお伝えしますので、ぜひチェックしてみてくださいね。


T-fal ティファール 電気ケトル Justine+ Control(ジャスティンプラスコントロール) ホワイト KO7551JP[ティファールケトル 保温 温度調節]【2111_cpn】
スポンサーリンク

KO8548JPとKO7201JPの違いを比較!温度コントロールができることで人気の電気ケトル

温度コントロールができることで人気のティファール電気ケトル。

新モデルKO8548JPと旧モデルKO7201を比較してみると違いは3つありました。

そんなKO8548JPとKO7201の違いを詳しくみていきましょう!

KO8548JPは電源プレートがなくなりコンパクトになった

旧モデルKO7201JPには電源プレートがついていましたが、新モデルKO8548JPは本体と電気プレートが一体型にすることでコンパクトになり限られたスペースに置けるようになるました。

また、新モデルKO8548JPの本体ディスプレイにデジタル温度表示で大きく表示させることで、ぱっと見で希望の温度が分かりやすくなりましたね。

KO8548JPの温度設定は5段階になった

旧モデルKO7201JPは、40,60,70,80,85,90,95,100と8段階の温度設定ができましたが、

新モデルKO8548JPは、60,80,90,95,100と5段階の温度が採用されました。

温度設定は取手のボタンでできるので、お好みの飲み物に合わせて温度を変えることができますね^^

KO8548JPの方が沸かせるお湯の量が多くなっ

新モデルKO8548JPは、旧モデルKO7201JPと比較して200ml内容量が多くなっています。

新モデルKO8548JPは1Lのお湯を沸かすことができるので、お湯を置く使いたい時にはとても便利ですね!

ここまで新モデルKO8548と旧モデルKO7201JPのにつの違いをお伝えしてきましたが、次からはどちらがどんな人におすすめなのかをご紹介していきます。

スポンサーリンク

KO8548JPがおすすめな人

まずは、新モデルKO8548JPがおすすめな人です。

新モデルKO8548JPは、内容量が1Lと多いので家族が多い人におすすめです。

朝食で出すコーヒや紅茶、スープなど5人分を作ることができますので、新モデルKO8548JPならお湯を沸かす作業が一度で済むということです。

これなら忙しい朝の準備時間を短縮し、ゆとりができるのが嬉しいですね^^

また、新モデルKO8548JPは電源プレードが一体型になったので、電気ケトルを置くスペースが限られている人にも理想的な商品だと思います。

あとは、やっぱり最新家電がいい!という人には新モデルKO8548JPをおすすめします!

KO7201JPがおすすめな人

続いて旧モデルKO7201JPがおすすめな人です。

旧モデルKO7201JPは温度設定が8段階もあるのが特徴です。新モデルKO8548JPは5段階ですので、飲み物に合わせて温度設定を調節したい人にKO7201JPはおすすめですね。

例えば赤ちゃんがいる人。赤ちゃんのミルクを作るときにお湯を使いますが、旧モデルKO7201JPならお湯を40℃に設定できます。

新モデルKO8548JPの最低温度設定は60℃と高いので、旧モデルKO7201JPと新モデルKO8548JPを比較すると、人肌まで冷ますまでが短時間できるため、赤ちゃんを待たす時間が減り便利ですよ♪

T-fal ティファール 電気ケトル Justine+ Control(ジャスティンプラスコントロール) ホワイト KO7551JP[ティファールケトル 保温 温度調節]【2111_cpn】

KO8548JPとKO7201JPに共通な機能は?

ふたはワンプッシュで簡単に開けることができる。

ふたを開けるときはワンプッシュするだけで簡単に開きます♪

保温が60分間可能!

湯沸かし後は設定温度で60分間保温できるので、お茶がまた飲みたくなったらすぐに作れますね♪

お湯が沸くと自動的にスイッチがオフ!

ティファールの電気ケトルは安全設計なので、お湯が沸くとスイッチが自動オフになり安心ですよ♪

開口部が広い!

ティファールの電気ケトルは開口部がとても広いため、内側のお掃除が楽にしやすいです♪

KO8548JPとKO72008JPの違いを比較のまとめ

今回はKO8548JPとKO7201JPの違いを比較!ティファールの電気ケトルの違いはどこ?ということでお伝えしてきました。

新モデルKO8548JPと旧モデルKO7201JPの違いは3つ

  • KO8548JPは電源プレートがなくなりコンパクトになった
  • KO8548JPの温度設定は5段階になった
  • KO8548JPの方が沸かせるお湯の量が多くなった

ということでした。ティファールの電気ケトルの購入を検討されている人は本記事を参考にしてみてくださいね^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました